今日はムシムシと暑いですね。
日差しが弱いわりに、汗が流れてきます。
そうなると気になるのが臭いです。
自分の体臭や汗の臭いは、自覚しにくいわりに、周囲の人には気づかれやすいものですよね。
皆さんはどのようなケアをされていますか?

汗の臭いをケアするために、まずは汗が臭うしくみを知ることから始めましょう♪
汗には2種類あることをご存知ですか?
2種類の汗は分泌される汗腺も別々です。

エクリン線から出る汗は、体温調節や緊張した時、辛い物を食べた時に出る汗で、99%が水分1%が塩分なのでサラサラしています。
アポクリン線から出る汗は、ホルモン・アンモニア・タンパク質・脂肪分・老廃物などを含み、ドロッとして体臭の元となる臭いを発します。

エクリン線からの汗は99%水分と言いましたが、汗腺が衰えてしまうと水分の中に本来は排出されないミネラルや過剰なナトリウム、アンモニアなどが混ざり、汗はドロッとして臭いを発するようになります。
また、アポクリン線からの汗の成分と混ざり、アンモニアや脂肪分を肌の常在菌が分解することで強烈な臭いへと変化します。

これが、汗が臭う仕組みです。
この基本を知ったら、次は臭いケアです。
そちらは、また次回お伝えしますね♪