空気が冷たくなって秋の深まりを感じますね。
夏に比べると気温も湿度もかなり下がってきました。
お肌の乾燥が気になっている方もいらっしゃると思いますが、
お肌の乾燥は湿度が下がって空気が乾燥している影響だけではありません。
現にお肌の乾燥が気にならない方もいらっしゃると思います。
この差って何かご存知ですか?

実は秋から冬にお肌が乾燥する原因は「夏」にあります!
夏の強い紫外線の影響がお肌のターンオーバーを遅らせ、秋ぐらいからお肌がかさつきだします。
紫外線はお肌の角質層が本来持つ、保湿機能やバリア機能を弱らせ、角質を厚くしてしまいます。
厚くなった角質層に秋の気候(急激な気温や湿度の変化)が加わり、一気にお肌を乾燥させてしまうのです。
夏の紫外線対策、夏後の角質ケアが充分でないと、秋にお肌が乾燥してしまうということです。
もちろん、季節的な空気の乾燥や体調なども加われば、更にお肌の乾燥を加速させてしまうことになります。

今、乾燥が気になるという方は、ぜひ来年の夏は紫外線対策、夏後の角質対策を取り入れてみてくださいね!!

ラ・フェルマーノでは11月限定で集中保湿フェイシャルを行っています。
プルプルのジェルマスクがお肌潤いを取り戻してくれます。
本格的な冬が来る前にお肌のコンディションを整えたい方は、ぜひお試しください♪