ラ・フェルマーノに新しい精油が仲間入りしました♪

アロマトリートメントを受けてくださるお客様の多くがお好きだとおっしゃるのが柑橘系の精油です。
オレンジ、レモン、グレープフルーツ…etc
癖がなく爽やかなその香りは、苦手な人を探す方が難しいかもしれません。
私もリフレッシュしたい時には香りをかいでいます♪
(余談ですが、柑橘は食べるのも大好きです^m^)

そんな柑橘系精油をより充実させるために、この度精油の種類を増やすことにしました。
今までのスイートオレンジ・グレープフルーツ・ベルガモット・マンダリン・レモンに加えて、ライム・ブラッドオレンジ・国産レモンが新たに仲間入りです♪
爽やかで気持ちをリフレッシュさせてくれる香りを是非一度お試しにいらしてくださいね♪

ですが、柑橘系の精油で気になるのが「光毒性」です。
光毒性を簡単に説明すると、柑橘系の精油に含まれる成分が紫外線と反応して皮膚に炎症を起こしてしまうことを言います。
そのため、柑橘系の精油をトリートメントに使うには、精油の種類や濃度などに充分に注意が必要です。

ラ・フェルマーノでは、できるだけ光毒性を起こす成分が含まれない柑橘系を用意しています。
これは、元々の含有量が光毒性を起こさないくらい微量な精油(スイートオレンジ・マンダリン・ブラッドオレンジ)、光毒性を起こす成分を抜いた精油(ベルガモット・レモン)、光毒性を起こす成分が入らない方法で作られた精油(ライム・国産レモン)などです。

ですが、体調などによっては絶対ということは、もちろん言えません。
ご心配な方は、遠慮なくご相談ください。
お体にはつけず、トリートメント中にお部屋に香らせて楽しんでいただくこともできます。

爽やかな柑橘の香りを取り入れて、暑さを乗り切りたいですね♪